馬業界への就職を考えている学生さんへ

馬業界への就職を考えている学生さんへ

こちらは、馬業界に馴染みのない学生さんに向けて、よりわかりやすくカワタを紹介するページです。

まずはこの流れを理解しましょう。

日本で競走馬になるサラブレッドは、
主に北海道で生まれ、売買、馴致(鞍を背中に乗せること・人を乗せて走ること等を教える)・調教を経て、中央・地方競馬の調教師さんが管理する厩舎に所属(入厩)し、さらに競馬に向けたトレーニングを行って、最終的にレースに出走するという流れになります。

厩舎に入厩した後の馬は、“ずっと競馬場・トレセンにいて、レースに出走する”わけではなく、以下の2つのパターンに分かれます。

A. レースで走る準備が出来ている馬(@競馬場・トレセン)

B. レースで走る準備が出来ていない馬(@牧場)

Aの場合、
つまり心身ともに良好な状態にある馬達は、競馬場・トレセンでさらに調教を進めて、競馬に向けた最終調整を行い、レースに出走します。

Bの場合、
例えば 疲労が溜まっていたり故障等の問題を抱えている馬達は、レースに向けた調整ができないため、一旦 外の牧場に放牧に出ます。

牧場と言っても様々で、長い坂路・広い馬場などの調教設備が整っていて 競馬場・トレセンと同じような調教ができる牧場もあれば、休養治療リハビリに特化した牧場もあります。それぞれの牧場で、個々の馬の状態に合わせた対応が行われます。

そして、馬の状態等に合わせてA・Bが入れ替わります。

その結果 全ての馬達の健康状態を整えることができ、毎週色々な競馬場で白熱したレースを私たちに見せてくれるのです。

カワタの診療所は、北海道(日高)・関東(東京)・関西(栗東・名古屋)がありますが、前述の流れに沿っていくと、主には以下の図のような段階で それぞれ診療を行っています。

【北海道日高】
主に競走馬になる前の段階、セリの売買・馴致・調教の段階の馬達の診療を行います。
セリ関連の業務としては、セリ前に行うレポジトリー検査と、セリの時に行う獣医検査があります。
馴致・調教の段階の馬には、乳酸値の測定を行い、科学的な根拠をもとに調教を進めていけるような指導も行なっています。

【滋賀県栗東】
牧場に放牧に出ている現役競走馬(主に中央競馬所属)の診療を行います。
近隣牧場へ往診に行って、跛行の原因を見つけて治療を行なったり、疲れが溜まっている馬には 状態に合わせたケアを行ないます。
またグループ会社の牧場ライジングでお預かりした馬については、問題がある場合 重点的に検査・治療を行ないます。(→カワタ栗東の詳細

【東京・名古屋】
主に地方競馬の競馬場・トレセンにおいて、レース前後の馬の診療を行います。
レース前は薬物ドーピングにも注意しながら、馬がより良いコンディションを維持できるようにケアが必要で、また運動負荷が最大となるレースでは骨折等の故障も発生しやすく、現場で迅速な対応・判断が求められることも多いです。(→カワタ名古屋の詳細

<<カワタに興味をもった方、実習申し込みはこちら!>>